インプットの参考書を、計画を立てる基準にする

勉学に限らずですが、何事にも計画を立てて進めていくことが大事です。何故なら、時間にけじめをつけなければ、だらだらと過ごし、無駄遣いしてしまうからです。また、到達すべき目標に手が届かないまま入試本番を迎えてしまう可能性も考えられます。謂わば、計画は道しるべなのです。上手に計画を立てるには、”逆算”と”ゆとり”が鍵を握っています。
 
 例えば、早慶・上智などの、いわゆる難関私大の合格を目指すとしましょう。もちろん、入試本番までには、難関私大レベルの実力を身につけておく必要があります。一般入試を2月として考えると、少しゆとりを持たせて、12月には目標レベルに到達するように勉強を進めていくと良いでしょう。その際、センター試験レベルは10月を目処に完成を目指します。

 インプットの参考書を上手く活用して、学習の計画を立てると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です