大学受験における長文読解

英語は、文理問わず、ほとんどの大学入試で出題されています。大学受験における英語は、もはや避けては通れない道でしょう。事実、試験全体における配点も高い故に、多くの受験生を悩ませている科目の1つでもあります。とりわけ、大学受験の英語では、「長文読解」の出題がメインになる学校がほとんどすべてです。また、英語は、試験の成績上位者と下位者との間の点差が大きいという側面もあります。したがって、大学入試において英語を攻略するためには、「長文読解」で得点することが不可欠なのです。

私も英語の長文読解に強い苦手意識があり、成績が伸び悩んだ時期が続いていました。模試では時間不足になってしまうこともしばしばでした。また、たっぷりと時間をかけて読んだにもかかわらず、正答率が悪かったこともありました。しかし、私は途中で勉強法を改め、現役で大学合格を果たすことができたのです。成績が伸び悩んでいた時期や、変えて実際に成果に繋がった勉強法について、経験も交えつつ、皆さんに共有したいと思います。

〇長文読解の力を高めるうえでの落とし穴
「長文読解の力をつける」とひと口に言っても、そのやり方は様々です。英語に限った話ではありませんが、単語レベルでの意味が分からなければ、文章は読めません。また、単語帳を1冊マスターしたからといっても、文法の知識がなければ、文構造が理解できないため、「文章」は読めても「文意」を掴むことができません。文意が掴めないのは、読めていないのと同じです。そのため、多くの受験生が、単語と文法を完成させてから英語の長文読解に取り組もうとします。高3になってから長文読解に取り組もうと考える受験生もさぞ多いことでしょう。しかし、ここに落とし穴があります。単語や文法を完成させてからでは遅いのです。

「単語」と「文法」を勉強することは、「長文読解の力をつける」ことにおいて、単なる手段でしかありません。長文読解の力をつけるためには、単語と文法と一緒に、同時並行で「長文読解の演習」も行っていかなければなりません。大学受験を目指すなら、遅くとも高2の夏から長文読解の対策を始めていることが望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です